「レンタルサーバーデータ」で無料から高性能まで検索で比較し、ドメイン、サーバーを探すことができます。

レンタルサーバーデータ
TOP 検索 目的で選ぶ ドメインとは ドメイン取得     用語集 当サイトについて リンク

お奨め
キャンペーン

共有レンタルサーバー一覧
VPSレンタルサーバー一覧
専用レンタルサーバー一覧
登録レンタルサーバー一覧
無料レンタルサーバー

インターネットの歴史
ホームページ作成ヒント
キャンペーン

お勧め
Xserver ロリポップ
SAKURA DomainKing
Leoサーバー お名前.com

ゆり

  レンタルサーバーデータ

 当サイト「レンタルサーバーデータ」では、初期費用、月額費用、CGI、PHPなどで検索ができます。レンタルサーバーを借りることは多くはホームページを立ち上げることですから独自ドメインを取得すればサーバー費用の他にドメイン費用も必要になります。ドメインによって金額は変わりますが、敢てcomドメイン費用を含む1年目費用と2年目費用を掲載しています。
 ドメイン取得していなく、お奨めドメイン取得業者がない業者様には「お名前.com 」のcomドメイン費用を含めています。
 詳細ページでは属性JP、汎用JP費用も掲載しておりますのでサーバー費用のみではなく実際に必要な費用が解りやすくなっていると思います。あくまでも参考程度ではありますが、サーバー選びの参考になれば幸いです。

             
次世代レンタルサーバーQuicca

レンタルサーバーとは


 レンタルサーバーとは、文字のとおりレンタル(借りる)するサーバのことです。サーバとはインターネットに24時間いつでも接続されているコンピュータかプログラムのことです。個人でもサーバーを持つ(作成)ことはできますが、24時間インターネットに接続したりセキュリティーのなど多くの面倒な作業があり、知識が必要になります。そこでレンタルサーバーを利用するほうが早くできます。
 ホームページスペースとは、インターネットにホームページを公開する場所のようなもので、利用者は借りたホームページスペースを利用して、 メールの送受信を行ったり、ホームページを設置して、情報のやり取りを行います。

  
登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

レンタルサーバーとホームページスペースの違い


 レンタルサーバーも、ホームページスペースも意味は似ていますですが、一般的に、有料で機能が充実しているのがレンタルサーバーと呼ばれ、 機能にある程度の制限があり無料か格安の場合などが、ホームページスペースと呼ばれているようです。

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

レンタルサーバーとプロバイダーの違い


 プロバイダーは、インターネットに接続する為の業者で、無料でメールアドレスやホームページスペースを利用できますが、アドレスもプロバイダー名が入り、 容量が少ないことや、CGIの利用などに制限を設けている場合が殆どです。

ビジネスに適した機能を低価格で!さくらのレンタルサーバ ビジネス

レンタルサーバーの種類


共有レンタルサーバー

 1台のサーバを複数人で共用(利用)して使います。専用サーバに比べて、値段が安く、操作も簡単ですが、 共有している為、他の利用者の影響を受け動作が遅くなる場合があります。そこで、月々の「転送量」の上限を決めているサーバ業者も多くあります。
機能の幅が広くレンタルサーバーデータの中でももっとも多いデータ数があります。

共有レンタルサーバーのメリット
・価格が安いのでコストが抑えられる。機能も充実しているレンタルサーバーも多く通常のサイトであれば問題なく使える。
・機能もそれなりのものからかなりのものまで機能も幅が広く、自分にあったレンタルサーバーを選びやすい。
共有レンタルサーバーのデメリット
・複数人で使用している為に他の人の影響をうける。
・アプリケーションなどソフトに制限があり自由に使えない場合が多い。

仮想専用レンタルサーバー(VPS)

 共有サーバでありながら、仮想的に専用サーバの機能を提供するサービスです。専用サーバに比べて安価に、 専用サーバと同様の機能を利用できますが、物理的には他のユーザーの影響を受けやすいという点は、共有サーバーと同じです。「専用サーバが必要だが、コストがかかりすぎる」、 「サーバには負荷をかけないが、管理権限のいるソフトを動かしたい」というお客様に最適のサービスです

専用レンタルサーバー

 1台のサーバーを丸ごと業者から借り独占して利用できます。サーバの物理的な管理は業者側に任せますが、 ソフト的な管理等は利用者が行いますので、ある程度の専門知識が必要になります。

無料レンタルサーバー

 無料で貸し出すサーバーのことですが、広告がついたり、機能にある程度の制限があります。
ドメインはほとんどが提供サブドメインで、独自ドメイン使用可能な業者もありますが、独自ドメイン費は必要になります。当サイトでは無料レンタルサーバーであっても独自ドメイン使用可能なところは敢て費用を計上しております。

ハウジング

 サーバーなどの機器を持ち込んで専門業者に管理を委託する方式です。

レンタルサーバーを選ぶポイント


 まず最初に.自分が何をしたいかはっきりさせることが大事です。ただのHTMLのページであれば無料のレンタルサーバーでも十分だと思います。 今では無料でもCGIやPHPまで使えるレンタルサーバーなどでも機能が充実しているところもあります。 ただし無料レンタルサーバーでは広告がついたり、アドレスがサブドメインのレンタルサーバーがほとんどです。ある程度の機能を望む場合はやはり有料のレンタルサーバーが良いでしょう。
 有料でもいろいろなタイプのレンタルサーバーがあります。
ディスク容量、初期費用、月額費用、ドメイン費用、CGI、PHP、データベース、SSLなど色々なサービスや機能があります。「レンタルサーバーデータ」の検索機能は、レンタルサーバーの種類(共有レンタルサーバー、仮想専用レンタルサーバー(VPS)、専用レンタルサーバー、無料レンタルサーバー)のデータの検索、ワードでデータ検索、初期費用、月額費用でデータ検索。初期費用、月額費用、1年目費用(ドメン費用含む)、2年目費用(ドメイン費用含む)のデータの並び替え。CGIやPHPなどの機能でのデータ検索などができます。当サイト「レンタルサーバーデータ」を利用して、自分に合ったレンタルサーバーを探してください。


USBメモリウイルスの感染にご注意を! 1851
お知らせ


初期費用2000円→1000円
 
新着情報
GMOクラウドのレンタルサーバー 容量増量 ミニ60GB200GB レギュラー90GB400GB プロ120GB600GB






トップ  検索 目的で選ぶ  ドメインとは  ドメイン取得 用語集 当サイトについて  リンク
Copyright(C) 2012 KATEO. All rights reserved.